坐骨神経痛とは

坐骨神経痛

大津市で坐骨神経痛の原因を改善する・あゆは整体院整骨院

まず、坐骨神経の説明です
坐骨神経は人体の中で
最も太くて長い末梢神経です。

仙骨のあたりから始まり
最終的に足の指先まで伸びています。

それを知っていただいた上で
坐骨神経痛をさらに説明します。

坐骨神経痛とは何か?


坐骨神経は、
腰の部分から出た数本の神経始まり、
枝分かれをしながら最終的に
足の先まで伸びています。

この坐骨神経の通っている部分に対して
痛み・痺れ・麻痺・違和感などの
不調が現れることがありますが、
それら全ての症状を
ひっくるめた症状名が坐骨神経痛です


坐骨神経痛とは症状名です。
原因や病名ではありません。

坐骨神経痛には
様々な原因症状が存在します。

その原因の一つに、
椎間板ヘルニアがあります。
ちなみに椎間板ヘルニアとは病名です。

椎間板ヘルニアを例にして
坐骨神経痛を説明すると、
次のような言い方になります⇩

椎間板ヘルニア(病名)が原因で
坐骨神経痛(症状名)が起こる。

といった感じです。

坐骨神経痛の特徴

僕が最も感じる特徴としては
坐骨神経痛の症状や原因は
人によりバラバラです


症状や原因に統一感がありません。

つまり、患者の数だけ
原因症状特徴があるということです。

患者の数だけ、治療法があって
お一人お一人にそれぞれ
別々の治療法があります。

残念ながら素人の判断だけでは
なかなか自分に合った治療法には
たどり着けません。


例えばユーチューブで見たセルフケア
書店で見た座骨神経痛を治す方法!など。

知識のない方にとって
これらは全く価値の無い方法でしょう、、、

坐骨神経痛の症状や原因は人によりバラバラ?

実は【坐骨神経】は
非常に複雑な構成をしています。

坐骨神経は
仙骨周囲から出てきた数本の神経同士
お尻のあたりで一本の束になります。

一本の束になってから再び
数本に枝分かれをしながら
足先まで伸びていきます。

数本の神経が束になり
再び枝分かれする
といった
複雑な構成なのです。


つまり座骨神経痛である
それ自体は安易に分かるけれど
どの部分の何が原因
座骨神経痛がでているかを
特定する事が非常に困難なのです。

坐骨神経痛に苦しむ方が多いのは
これが最大の理由です。

坐骨神経痛の原因

代表的なものが
腰部脊柱管狭窄症
(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と
腰椎椎間板ヘルニア
(ようついついかんばんへるにあ)です。

これは脊椎が原因で
坐骨神経痛を引き起こす
典型的な例です。

精密検査で脊椎には問題がなく
お尻のあたりから坐骨神経痛を感じる場合は、
梨状筋症候群と診断されることもあります。

梨状筋症候群とは
お尻にある梨状筋という筋肉が、
固くなったり炎症を起こすことで
すぐ側を通る坐骨神経の機能を低下さすことで
血液の流れが悪くなり坐骨神経にそって
疼痛が出現していると判断された場合に
使われる診断名です。

その他には
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
が原因でおこった腰椎圧迫骨折の後遺障や、
腰椎分離症や腰椎分離すべり症
原因となるケースがあります。

精密検査で異常が見つかれば、
椎間板ヘルニアや
脊柱管狭窄症などと診断されます。

もし脊椎に異常が認められなければ
梨状筋症候群や
坐骨神経痛などと言われたりします。

原因を特定するのが困難な理由

座骨神経痛は神経という字を使いますので
神経だけ問題があると
考えてしまいがちですが
本当はそれだけが原因ではありません。

神経と血管(血流)この両者は
中枢から分岐し
末梢に到達するまでに伴走しています。

動脈・静脈の血管の平滑筋は
神経支配を受けています。
その神経も血管からの栄養供給がなければ
生存できないのです。

つまり、神経血管(血流)は、
持ちつ持たれつの関係性であり、
どちらから一方の能力が低下すると
両方の能力が低下する関係といえます。

さらに筋肉も同様です。
筋肉は神経によって
動きをコントロールしていますが、
血液(血管)によって栄養を供給しています。

神経・血管・筋肉のどれか1つでも
問題(原因)が起こると
坐骨神経痛をひきおこすので、
神経・血管・筋肉は全て
運命共同体のような関係なのです。


このように座骨神経痛は
原因は違っても結果として症状が同じなのです、、、


そのため整体のプロでさえ原因を特定するのが
非常に困難です。

ゆえに改善するまでに時間がかかり、
難治となるのです。

血管・神経・筋肉の関係と原因の例

例えば
血管が原因なら
血管の血流障害により
坐骨神経痛が起こる。

例えば
神経が原因なら
血管の神経障害によって
血流不足によって
坐骨神経痛が起こる。

例えば
筋肉の炎症が原因なら
筋肉が固くなり
筋肉を取り巻く
血管や神経に不具合が生じて
坐骨神経痛が起こる。

【発症する年代

早くて30代から発症します。
60代70代と高齢になるにつれて
単純に患者数がどんどん多くなります。

【痛みの種類】

疼痛の種類痛み・痺れ・麻痺など
人によって疼痛の感じ方がそれぞれです。

■一定の動作の時にだけ疼痛がでる場合。
■一定の姿勢の時にだけ疼痛がでる場合。
■姿勢や動作に関係なく疼痛がある場合。

坐骨神経痛を悪化させる人の特徴トップ3

1位 対処療法で痛みをごまかす方
シップや注射などので痛みをごまかして
日常を過ごしてしまうと、
本来であれば痛みの増加により
症状の悪化に気づくはずなのに、
それに気づかず体を動かしすぎてしまいます。
安静にするべき時に体を動かしすぎた結果として
最終的には判断が遅れてしまい
症状が悪化します、、、
専門家による根本改善が一番の近道です。

2位 継続して通院しない方
直ぐに通院を諦める方は
最終的に歩行困難になるほど症状が悪化します。
そもそも坐骨神経痛を改善するためには、
それなりの通院回数と期間が必要です。
1回や2回の通院で改善することは
雲をつかむようなものです。
絶対にあり得ません。
症状が出ている時点で、
それなりの通院回数と期間が
必ず必要です。
それなのに2・3回の通院で
改善できなかったからといって
通院を中断すれば意味がありません。
【整体院や整骨院では改善しない】と
勝手に思い込んで諦める方の多くは、
立てなくなるほど
症状が悪化しておられるケースが
非常に多いです。

3位 自分で解決できると勘違いする方
当院のような専門分野に頼らずに、
自分の力で改善したい気持ちは
良く分かります。
坐骨神経痛を
自分で改善すること自体は可能です。
ただし10人に1人くらいしか
成し遂げることが出来ないような
非常に難治な症状なのです。
坐骨神経痛は難治な症状ですので
ユーチューブやネットで
出回っている方法を
自己判断で行っているうちに、
症状がドンドン悪化していきます。
最終的に取り返しのつかないような
状態になってから
藁をもすがる思いで
来院される方が非常に多いです。

坐骨神経痛やってはいけないこと

  • 強引なストレッチで筋肉に余計な負担をかけない
  • 自己判断でお尻を強く押したり揉んだりしたらダメ
  • 下にある重い物を持ち上げる動作は禁物です
  • 坂道を歩くと症状が悪化します(特に上り坂)
  • 長時間のデスクワークなど、同じ姿勢はダメ

座骨神経痛で心がけること

  • 調子のいい日は出来るだけ歩くなどの軽い運動を行う
  • 肥満を解消する
  • お風呂にじっくり浸かって身体を芯まで温める
  • 体を冷やさないように注意する
  • デスクワークでは、こまめに体を動かし血行不良を防ぐ
  • 座った時は体重が左右のお尻へ均等にかかるようにする
  • 猫背に気を付けて正しい姿勢を心がける

改善方法

世間では様々な方法が紹介されていますが
一番の改善方法は
専門家にゆだねることです。

上記を熟読された賢明な方なら
お分かりでしょうが、
当院などの専門家にゆだねること以外に
賢明な方法はありません。

もたもたしていると
一人での生活が困難となり
取り返しがつかなくなります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%81%82%E3%82%86%E3%81%AF%E6%95%B4%E4%BD%93%E9%99%A2%E3%80%80%E8%85%B0%E7%97%9B%E3%82%92%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%97%E3%81%9F%E6%96%B9%E9%81%94%E3%81%AE%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%81%AE%E5%A3%B0-1024x256.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%81%82%E3%82%86%E3%81%AF%E6%95%B4%E4%BD%93%E9%99%A2%E3%80%80%E8%85%B0%E7%97%9B%E3%81%A7%E3%81%8A%E5%9B%B0%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%96%B9%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89-1024x256.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LAMP%E8%84%8A%E6%9F%B1%E6%A4%8E%E9%96%93%E6%B3%95%E3%83%BB%E8%85%B0%E7%97%9B%E3%83%BB%E8%84%8A%E6%9F%B1%E7%AE%A1%E7%8B%AD%E7%AA%84%E7%97%87%E3%83%BB%E5%9D%90%E9%AA%A8%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E7%97%9B%E3%83%BB%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C%E3%83%BB%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E5%B8%82%E3%83%BB%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%AF%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2%E3%83%BB%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%AF%E6%95%B4%E4%BD%93%E9%99%A2-2-1024x341.png