坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛のトップ画像
患者様の笑顔の写真集
当院の六つのメリット

坐骨神経痛が整体で楽になったよ

お役様の喜びの声のリンク画像
坐骨神経痛の初回価格の案内画像
電話がつながる画面の案内
LINEでのご予約の案内画像

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、
長い末梢神経です。
腰のあたりからお尻から
太ももの後ろ側を通り、
足先まで伸びています。

坐骨神経痛とは、
この坐骨神経に沿って起こる
腰やお尻、太もも、
ふくらはぎから足先にかけての
ピリピリした痛み、麻痺、鋭い痛み、
痺れ、だるさなどの症状の総称です。

坐骨神経痛の原因

腰部脊柱管狭窄症骨粗鬆症腰椎圧迫骨折の後遺障腰椎分離症腰椎分離すべり症腰椎椎間板ヘルニア梨状筋症候群などの原因が考えられます。
これらの他には、水分不足・運動不足・歩行不足・ミネラル不足・血行不良などが坐骨神経痛に由来する筋肉や神経の炎症に関わる要因だと考えられます。

梨状筋症候群

症状

腰からお尻や下肢の後面や外側にかけて
足先まで、痛み・痺れ・麻痺などの
症状を感じます。
部分的に感じる場合もあれば
下肢全体に症状を感じる場合があります。

一定の動作の時にだけ疼痛がでる場合や
特定の姿勢の時にだけ疼痛がでる場合、
姿勢や動作に関係なく疼痛がある場合が
存在します。

  • 座っていると、お尻が痛くなる
  • お尻や下肢が痛くて眠れない
  • 立っていると、辛くて料理ができない
  • おしりから下肢にかけて痛みがある
  • 腰を動かすと下肢に痛みやしびれを感じる
  • 歩くとだんだん下肢に痛みが出てくる
  • 体を前にかがめると痛みや痺れが強くなる
  • 立ち上がったとたんに、下肢に痛みが走る

診断や検査方法

レントゲンや血液検査、
MRI、CT、徒手検査などにより
骨や筋肉や神経に
異常がないか判断します。

治療方法

骨や神経に明らかな異常がある場合は
手術療法をおこない、
それ以外の場合は保存療法となります。

予防

  • 調子のいい日は出来るだけ
    歩くなど、軽い運動を行う
  • 肥満を解消する
  • お風呂にじっくり浸かって
    身体を芯まで温める
  • 体を冷やさないように注意する
  • デスクワークでは、
    こまめに体を動かし血行不良を防ぐ
  • 座った時は体重が
    左右のお尻へ均等にかかるようにする
  • 猫背に気を付けて正しい姿勢を心がける

症状を悪化させる特徴トップ3

1位
薬で痛みをごまかす方
シップや注射などので痛みをごまかして
日常を過ごしてしまうと、
本来であれば、痛みの増加により
症状の悪化に気づくはずなのに、
それに気づかず、時間が経過してしまい
取り返しのつかない状況に
なってしまうのです。

2位
継続して通院しない方
そもそも坐骨神経痛を改善するためには、
それなりの通院回数と期間が必要です。


2・3回で通院を中断されておられる方は
立てなくなるほど
症状が悪化しておられるケースが
非常に多いです。

3位
自分で解決できると勘違いする方
ユーチューブやネットで
出回っているストレッチや改善方法を
自己判断で行っているうちに、
症状がドンドン悪化していきます、、、

坐骨神経痛の症状や原因は
人によりバラバラです。


坐骨神経痛は
神経だけ問題があると
考えてしまいがちですが
それだけが原因ではありません。

血管(血流)・神経・筋肉は、
持ちつ持たれつの関係性であり、
どれか一つの能力が低下すると
全ての能力が低下するので
筋肉の炎症や血行不良も考えられます。


患者の数だけ原因や症状や特徴があります。

つまり患者の数だけ、原因があって
お一人お一人にそれぞれ
別々の治療法があります。

残念ながら素人の判断だけでは、
なかなか自分に合った治療法には
たどり着けません。

例えば

ユーチューブで見たセルフケア
書店で見た

座骨神経痛を治す方法!など。

知識のない方にとって
これらは

全く価値の無い方法でしょう、、、

坐骨神経痛に苦しむ方が多いのは
これが最大の理由です。


世間では様々な方法が紹介されていますが
一番の改善方法は
プロの専門家にゆだねることです。

もたもたしていると
生活が困難となり
取り返しがつかなくなります。

お役様の喜びの声のリンク画像
セルフケアについてのリンク画像
坐骨神経痛の初回価格の案内画像
電話相談の案内画像
電話がつながる画面の案内
アクセス
料金

当院の雰囲気

外観の写真1
外観の写真2
室内の画像
駐車場を完備している画像

院内の風景